ニュースリリース

ニュースリリース

『タカタ財団 平成29年度助成研究公募』を開始

タカタ財団は、10月1日より平成29年度助成研究の公募を開始いたします。

当財団は、「交通事故犠牲者ゼロ」を目指し、他に類のない独自の研究助成プログラムとして、特に「人」に焦点を当てた調査、研究、教育などの活動を助成してきました。
多くの若手研究者からの積極的な応募と学際的・萌芽的研究の応募を期待し、平成29年度の助成研究公募を行います。
下記内容の創造的で社会的意義の大きい研究を広く募ります。

【助成対象(個人、企業を除く)】

 大学院、大学、高等専門学校、専門学校、公的研究機関、公益法人、独立行政法人、NPO法人等 

【助成する研究のポイント】 

 交通事故死傷者の低減に寄与する、特に「ヒューマンエラー」の対策に繋がる研究(期間は1年又は複数年)
 ・成果が公益に資するものであること
 ・研究の視点、手段、方法等に先見性があり、交通社会の安全に資すること
 ・既成概念を打破する、独創性・革新性があること
 ・学際的、萌芽的研究を含む
 ・技術的なものだけでなく、社会的しくみの改善、人の教育といった社会的な分野の研究も含む 

【助成金額・期間】

 ・助成金額 100~500万円/件/年
 ・助成期間 平成29年4月1日より1年間(又は複数年)

【申請手続き】

 平成28年10月1日~12月10日の公募期間中に、当財団ホームページ『研究助成プログラム』より申請書をダウンロード、
 必要事項を記入した後、エクセル及び PDFで申請する。

【選定・通知】

 財団に設置する研究委員会により、上記【助成する研究のポイント】に加え、以下の事項も含め、総合的に判断して選定する
 ・研究の目標が明確であり、目標を実現するための研究計画、資金計画が適正 かつ合理的である
 ・研究組織、体制が適切である。
 採否結果は、平成29年2月末迄にe-mailにて通知する

 以上 

<前の画面へ戻る

Page Top