財団情報

おしらせ

公益財団法人タカタ財団 第3回助成研究報告会のご案内

受付終了いたしました。多くのご応募、誠にありがとうございました。

タカタ財団は、交通事故の犠牲者ゼロを目指して、広く専門家および交通安全に関心を持っている人々に自由闊達な討議や研究の場を提供し、そこから生まれる成果・知見が目標達成の一助となるべく、特に「人」に焦点を当てた調査、研究、教育などの活動を助成することにより、幸せな交通社会の実現に寄与することを趣旨とし、平成20年12月に設立されました。平成21年度を初年度として4件、平成22年度は8件、平成23年度は9件の研究助成を実施しました。その研究の成果を広く知っていただくために、第3回助成研究報告会(平成23年度助成研究成果)を開催いたします。

開催日時平成24年6月12日(火)
<報告会> 14:00~17:40(開場13:30)
<懇親会> 18:00~20:00
会場国際文化会館
<報告会> 別館 講堂
<懇親会> 地下宴会場 樺山・松本ルーム
【所 在 地】
東京都港区六本木5-11-16 (http://www.i-house.or.jp/ )
TEL 03-3470-4611
【アクセス】
下記交通機関をご利用ください。
[東京メトロ日比谷線、都営地下鉄大江戸線]
六本木駅下車(出口3)徒歩10分
[都営地下鉄大江戸線]
麻布十番駅下車(出口7)徒歩5分
[東京メトロ南北線]
麻布十番駅下車(出口4)徒歩8分
[渋谷駅より(都営バス)]
新橋駅前行(都01)六本木下車 徒歩12分
参加費<報告会> 無料
<懇親会> 無料
お申し込み方法hokokukai@takatafound.or.jp より、氏名(よみがな)、所属、昼間連絡の取れる電話番号をご記入の上、お申込みください。
お申し込み締め切り50名になり次第締め切らせていただきます。

プログラム

司会 古谷 知之 氏(タカタ財団 理事、慶應義塾大学 准教授)

14:00 開会
開会挨拶
タカタ財団 理事長 高田暁子
平成23年度 助成研究 本報告
14:05
「判断・操作統合型運転行動モデルに基づく革新的運転行動支援の創出」
名古屋大学大学院 工学研究科 教授 鈴木達也氏
14:35
「高齢ドライバーのためのミラーリング法によるメタ認知教育プログラム開発」
東北工業大学 ライフデザイン学部 教授 太田博雄氏
15:05
休憩
15:20
「個別適合型運転診断・支援サービスを搭載した常時記録型
ドライブレコーダの開発と公道実証実験(FOT)」
東京農工大学大学院 工学研究院 教授 永井正夫氏
15:50
「事故自動通報システム(ACN)が起動するドクターヘリ
システムによる交通事故死亡削減効果の研究」
認定NPO法人 救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)
理事 益子邦洋氏
16:20
休憩

平成23年度 助成研究 中間報告

16:35
「自転車の安全走行に関する研究」
芝浦工業大学 工学部 機械学群機械機能工学科
教授 沼田仲穂氏
16:45
「高齢ドライバー運転診断・リハビリシステムの開発」
国立長寿医療研究センター 長寿医療工学研究部
研究員 伊藤安海氏
16:55
「死傷事故低減に向けた高齢歩行者における行動特性の究明と対策について」
独立行政法人 交通安全環境研究所 主席研究員 松井靖治氏
17:05
「交差点を横断する歩行者の安全支援に関する研究」
秋田大学 工学資源学部 准教授 浜岡秀勝氏
17:15
「ドライブレコーダーを用いた健常及び認知機能低下高齢者の日常的運転行動の測定と分析」
佐賀大学 医学部 教授 堀川悦夫氏
17:25
閉会挨拶
近森 順 氏(タカタ財団 評議員長、公益社団法人 自動車技術会名誉会員)
18:00
懇親会

お問合せ先

<開催担当>
奥野 勉
TEL 03-5573-2341 FAX 03-5573-2342
mail: hokokukai@takatafound.or.jp

<前の画面へ戻る

Page Top